トップページへ戻る

授業の形態ってどんな?

ネイルスクール選びの場合、その中の授業形態についても考えなければなりません。

ネイルスクールの授業形態は、大きく3つに分けられます。
どの形態を選ぶかも、重要なポイントです。

その3つとは、講師を選ぶことができる指名制、授業によって講師が違う受動制、1人の講師による担任制です。

指名制と担任制それぞれの授業形態について、もう少し詳しく見てみましょう!

■指名制について

講師を選ぶことができます。
指名制は、授業のたびに講師が変わりますので、必ずしも良いとは限りません。
プラス面では、新鮮さや刺激があるかも知れません。
マイナス面は、講師によって教え方が違ったり、授業内容の重複や抜け落ちなどの懸念があります。
さらに、講師との関係があまり親密でないことから、試験や就職の相談を誰にして良いか
わからないという場合もあります。
資格取得や就職を目的として行く場合には、講師の存在はとても大きいと思います。

■担任制について

担任制は、講師が受け持ったクラスの生徒に責任を持つという形態です。
授業内容に一貫性があり、重複や抜け落ちなどの心配もあまりありません。

何よりも、試験や就職の相談にのってもらうことができるのが心強いです。
でも・・・プラス面ばかりではありません。
その、担任講師が、タマタマ未熟だった場合は、最悪の事態です^^;
そのスクールにはどんな講師がいるのか、できる限り事前チェックすることも大事ですね。